着付け屋花風さん♪

雨が降って少し涼しくなりましたぁね。秋良は京都へ舞妓さんをしに
行って来ましたぁ♪今回はいつものゆめみる夢さんではなくて、
着付け屋花風さんにお世話になりました。

DSCN1193_convert_20100919130118[1]

以前からことあるごとに言っていた『勝山』髷がこちらでは半鬘で体験できます。
勝山はおふくのお姉さん舞妓さんが祇園祭のシーズンに結う特殊な髷です。
他店だと地毛結いがほとんどなのですが、コチラには

DSCF2446_convert_20100918233940[1]

勝山の半鬘があるんです♪地毛結いもいいんだろうけど、時間がかかるのと
お値段がかなり…な感じなので、リーズナブルに体験できる半鬘は
ありがたいです(´Д`ι)アセアセそしてこのお店のすごいところは、

DSCF2434_convert_20100919125431[1]

宮川町の現役の男衆さんがやっているお店なので、本職の男衆さんに
着付けてもらえる!(せいちゃんです、せいちゃん♪)
写真はお店だし・えりかえの差し紙。着物も帯もすべて本職の舞妓さん
が使用したものを着付けてもらえますσ(^○^)

DSCF2438_convert_20100918233804[1]

簪類やぽっちりなどなど、細部まで自分で選ばせてもらえます♪
今回はせっかくなのでおこしらえの様子をご紹介(*/∇\*) キャ

DSCF2465_convert_20100918234118[1]

お見苦しくて恐縮ですが(´Д`ι)アセアセ
鬢付け油をお顔に塗り、水溶き白粉でお顔を真っ白に。

DSCF2442_convert_20100918233844[1]

うなじにも塗り残しを作ります。

DSCF2468_convert_20100918234157[1]

唇に紅が入りましたぁ。結構コチラの紅は馴染むまでパリパリ
してました。そして運命の鬘合わせ。秋良は顔はしもぶくれのくせに、
脳みそ軽いせいか普通の人より頭小さいらしく、対して勝山の鬘は
少し大きめなので、巧く引っかからなかったら割れしのぶに換えます
って言われていたのですが、

DSCF2484_convert_20100918234240[1]

詰め物&頭にグルグル巻物をして、なんとか乗りました♪

DSCF2495_convert_20100919111405[1]

これがずっと憧れていた勝山です~(・∀・)にぱ
しかしこの鬘今まで最強ってくらい重い。でも痛くはなかったです。

DSCF2500_convert_20100918234417[1]

長じゅばんを着せてもらい、いよいよ着付けです。
桔梗が好きだと話したらお姉さんがお襦袢も桔梗柄に
そろえてくれました♪

DSCF2514_convert_20100919154619[1]

憧れの、男衆さんによる着付け♪
うちの誠一君もこんな風なのかしらぁとしみじと…。
やはり男手が入っている方が踊っても着崩れないそうです。
甲部と宮川町以外の花街では男衆さんがいないので、
屋形のお母さんが着付けているそうです。

DSCF2518_convert_20100918234500[1]

着付けが完成しました。考えてみればちゃんと畳紙の
上で着付けてもらったのはじめてかも。

DSCF2627_convert_20100919110415[1]

お着物も夏の絽です。帯も夏帯。
お着物も帯も季節ごと種類が変わる(冬場は綿入りetc)そうなのですが、
変身店だと季節ごとのお着物をそろえているところって
めったにないです。

DSCF2630_convert_20100919110504[1]

帯も桔梗柄です♪なにげに九月なのをアピールしてみたり。

DSCF2526_convert_20100919104854[1]

そしておこぼも変身店では珍しい本職さん仕様畳表のおこぼ♪
畳が滑り止めになるせいか、歩いていても足袋が滑ったり
しません。でも畳表のおこぼを作れる職人さんも数が少なく、
舞妓さんを支える人が減って来ているのが現状だそうです。

DSCN1231_convert_20100919163646[1]

で、プランにもよりますが基本プランで頼んだのでお写真二枚が
帰りに頂けました。お化粧を落とした後はお茶と祇園小石の飴が
頂けます。スタッフさんもとっても親切で素敵な時間を
すごせました♪
スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

Comments

No title

わぁ~♪
びっくりと~そして~ドキドキ~しながら~ブログを。
「着付け屋」さん~凄いね~!本職の男衆さんに着付けを~
立派な素敵な~舞妓「秋良」ちゃんに仕上がるんだね~(*^-^)ニコ
うん~綺麗な勝山だね~うん~~そうだね~舞妓さんを、支える
職人さんが~少なく~寂しいよね。
うん~こちらこそ~貴重な楽しい時間を「ブログ」を見させて頂いて
有難うちゃんでした~(*゚▽゚*)

ねこさん>

お化けのような~見苦しいお顔で失礼しましたぁ(>_< )
着付けやさんと言う所以のお店でしたぁ。
男衆さんが着付けてくれるなんて~すごいことだぞ~っと
自分でもテンション上がりまくりで。
なんちゃって~なおばちゃん舞妓ですが~
中身はともかく外見は本職さんと同じものなので豪華です。
ねぇ~舞妓さんを支える人は~高齢な方が多く、
又すごく需要のある仕事でもないし、若い人が
後を継ぐのも難しいそうです。
自分が今回はとっても感動したので、ついお見せしたく
なってしまって~。お付き合いありがとでしたぁ。

No title

お店が違うと全然また雰囲気が違うねー。
桔梗がいい感じだよ♪
これは興奮するね!
お化粧の感じもいつもとまたちょっと違う感じに見えるけど。
本物っていうのが凄いね!舞妓ファンにはたまらない!!
いいなぁ~(☉∀☉)

kaopinさん姉さん>

そうなの、お顔が違うの。全然。
いつもはピンク大目なんだけど、こちらはあっさり。
それも又新鮮だったよー。
明智ファンとしては桔梗でいきたいなぁと。
やっぱり本物のお着物はいいねぇー。
お上品だし、手触りもよかったよー。

美人さんvvv

凄いですねーーーー!!!!!何もかも初めて見るもので、凄いですvv
桔梗柄の長襦袢は素敵ですねぇvv項が素敵すぎvvv
帯も桔梗とは、凝ってますねぇ。男衆さんの着付けは貴重なんですねぇ
なんだか凄い勉強になりました!!!!鬘がまたすっごいvvv
舞妓さんの着物の背中が好きですvv
写真まで撮ってもらえるとは、素敵vvv京都に憧れますぅ
秋良さんやっぱり美人さんですねvvvv

No title

おお~
舞妓ちゃんだあ。
ほんとによく似合っていて羨ましいなあ~
私がするとたぶん仮装大会…
小梅太夫のまねで演芸でもしようかって。
爽やかな色合いですね。
桔梗の帯素敵です。
男衆さんなんて珍しいのですねえ。
なんだか船越栄一郎さんの顔が浮かびました。

紅さん>

すみません~お見苦しいものを~(´Д`ι)アセアセ
桔梗の長じゅばんなんかがあったようです。やっぱり明智ファンとしては、
桔梗で行きたいぃ。
項も短い首でかっこつかないですが、雰囲気が伝わればと想います。
男衆さんのいる店と謳っていても本当に男衆さんが着付けてくれるとこって
めったにないです。すんごい手際がよく、苦しくないのに着崩れず、
すごいなぁーと感動でした。
鬘も勝山ってあまりご覧になる機会が皆様もないかなぁと。
舞妓さんのお着物は独特ですしねぇー。やっぱり着物好きだぁーと
実感しました♪
モデルが秋良なとこが申し訳なかったですが、あまり見ることのない
工程かなぁと今回おしたくの様子を載せました。
京都には他にも新撰組や十二単、束帯、花魁といろいろ変身できる
お店もあります♪京都へおいでになることがあったらぜひお子様達と
体験されてみて下さい♪

sarai様>

おばはん舞妓ですがぁ(´Д`ι)アセアセ
お見苦しいものをすみませんっつ。
いえいえ~しもぶくれでとんでもないです。
お姉さんのお化粧技術のたまものです♪
優しいお色のお着物でした。
桔梗いっぱいの帯、明智ファンとしてはぜひともと。
男衆さんなる方に秋良は初めてお会いしました♪
確かにねぇ~。男衆さん二時間ドラマ昔見た気がします♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)