建仁寺

お昼を食べた後は花見小路を更に奥へと進み、建仁寺へ。
本坊は拝観料500円でした。

DSCF2639_convert_20100919221324[1]

コチラには風塵雷神図があります。

DSCF2640_convert_20100919221402[1]

展示されているものは複製なようで、カメラフリーでした♪
で、秋良がここに用事があったのは

DSCF2648_convert_20100919221436[1]

枯山水が見たかったから♪○△□乃庭。

DSCF2649_convert_20100919221514[1]

枯山水癒される~(>_< )この縁台にずぅーっと座っていたいぃ~って
想いましたぁ。

DSCF2650_convert_20100919221551[1]

建仁寺はぼーっとしにいくにはいいお寺ですねぇ。

DSCF2654_convert_20100919221702[1]

法堂の双龍図も圧巻でした♪



スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

Comments

No title

おっ~~~建仁寺~渋いね~わ~い♪
複製なんだね~うん~ちょうぴり~怖そうな~世界だね~「笑」
枯山水だ~おっ~秋良ちゃんが、舞妓ちゃん姿で、座れば~
絵になるよ~(*^-^)ニコ
うん~時間を、忘れされて くれるよね~ほっと♪ (*゚▽゚*)

No title

法堂の双龍図、凄いねーv-10
迫力満点!
私もボーっとしに行きたいなぁ。
お庭見てるだけで、癒されるよね♪

ねこさん>


渋かったですよぉー。
風塵雷神も素敵でしたぁが、広い縁台と
枯山水は~まったりするには最高でしたぁ。
秋良では~せっかくの枯山水なのに~もったいないぃー。
歩きつかれた時にはおススメな感じでしたぁ。

kaopinさん姉さん>


双龍図は実物はすんごい迫力だよ。
あっちゃん大喜びだったし♪
まったりぼーっとするにはいいとこだよ。
姐さん好きそうだわぁ。
ぜひぜひ~次回京都へ行く際には♪

No title

京都大好きけど、建仁寺は行ったことありませんでした。雷神風神は迫力があったわ怖いv-40双龍図はどこか見た事あるきにする、まちがいましたかなv-16

No title

建仁寺は去年の研修で行きました。
風神雷神図の複製は檀家さんだったキャノン社長の
肝いりで最先端のコピー技術で復元したものだそうです。
ちなみにcanonは「観音」の意味だとか。
また法堂の双龍図は日本では珍しい五爪の竜で、
五爪は中国では皇帝を表し、敬意を表する意味で
日本では三爪が普通なのだとか。
建仁寺と中国の繋がりの深さを示すものだそうです。
(ちなみに六爪の独眼竜はバサラ~♪)

No title


すみません。
「復元」はおかしいですね。
「複製」でした。
本物は京都国立博物館に
寄託されているそうです。

No title

お寺いいなぁ、癒される~
天井に龍の絵が描いてあるところですかね?
いいなぁ、行きたいなぁvvvv
庭?庭園?超癒されますねぇvvvv

phooさん>

秋良も建仁時って花見小路までは行くのにいったことなくて。風塵雷神にクマちゃん達もちょっと怯えてましたぁ。双龍図は有名らしいですよぉ。

sarai様>

へぇーそれでお詳しいのですね~♪
キャノンの~そう言えば風塵雷神図複製のビデオが上映されていたようなぁ。
プリント技術もすごいですね。
へー観音様からとっていたんですね。
龍のつめまでみてなかったぁ。でも、遥かなの竜神様は
爪三本だった気がするなぁ。
すごぉーい。勉強になりましたぁ。

粒さん>

お寺めぐりは舞妓さんにはまる前から好きで
しぐれちゃんとも旅行に行きました♪
そうなんですよ。写真ではいまひとつ迫力が伝わらないんですが、
天井いっぱいに龍がいて。
お庭もいいですよねぇー。これで抹茶あれば最高なのに。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)